きみどり文庫

漫画家・井上きみどりの文章&漫画&写真

カテゴリ: 仙台のこと。

4FC0E6E4-B2ED-4061-B125-0B4032AED782

10日前まで
イベントの演奏と準備のため
ほぼ毎日通って篠笛を吹いていた、
仙台市沿岸地域の農地にある「丸い田んぼ」
昨夜、運営している「荒浜のめぐみキッチン」サイトに
こんなメッセージが流れました。


「丸い田んぼの稲が
台風で水に浸かってしまったため、
11月に予定していた稲刈りイベントを中止し、
急遽、明日5時半から稲刈りをします」
「来られる方は来てください」


これは大変・・・!
ということで
早朝、バイクで荒浜へ向かいました。
向こう〜にあるのは海。
防潮堤で海は見えなくなりましたが
かつてはビッシリと生えていた防風林の松の木が
ヒョロヒョロと残っているのが見えますか?


AC24C779-AA4E-4DE3-A833-CEF4B619A6D7

到着してみると
メンバーは既に稲刈りの作業中。
せっかく実ってた稲が
4割くらい倒れて水に浸かってしまっていました。
(それでもどんな時も笑顔で農作業する
共同代表のO氏)


295C769C-97C7-474D-AAEB-0B031D42B4BE

うわ。
先週までたわわに実っていた
餅米が・・・
これは悲しい・・・(涙)


B93AEE47-FFE7-4565-BB5B-C8710DBF1CE4

男性5人と井上、
後で参加した子ども達3人で
鍬を片手に刈って刈って
束ねて、干して・・・・・・


7BB62F6F-CAA2-4E6D-8F9E-FBDB88F42CD8

水没して籾から白い根が出ているもの以外は
なんとかすべて狩ることができました。
今後は天日干しして
脱穀、精米、
そして今年も子ども達と一緒に
この米で餅つきをする予定だそうです。


B390E1AD-24B6-449B-ABDE-F9DABEB3DFA2

刈り上がった丸い田んぼ。
稲がないとちょっと小さく見えるなあ・・・。


「稲刈りの季節に水田になってるなんて
かなりレアな光景だよ」と
農作業中、荒浜の農家さんが呟いていました。
確かに・・・・・。
ジャブジャブと水音を立てながら
鍬を持って稲を刈っていると
季節がいつなのかわからなくなるような
不思議な感覚でした。


F09DE6F0-33A3-4105-8AD7-2F2E05645356

小さな子どもが
稲がなくなった丸い田んぼに向かって
まるで話しかけるように
座り込んでいました。
何を話しかけているのかな?


CCDA03CF-EC7A-4132-AD49-31CB499E3990

稲刈りは朝8時過ぎに終了し、
メンバーはそれぞれの仕事に向かいました。
朝5時半に田んぼに集合して
ひと仕事終えた後、
田んぼで温かい朝ごはんをみんなで食べて
それから各自の本業の地へ散っていくのが
「荒浜のめぐみキッチン」の朝活スタイル。
まるで1日が2回あるような、
ちょっと得した感覚です。


A611A12B-FC98-4EA3-AB8E-2C66B32F73DD

仙台市内↔︎荒浜間の農道には
台風で飛んできた籾殻、砂利、砂、木などが
こんな風にところどころで散乱しています。
水没してしまった畑もあり、
被害は深刻です。


全国でも被害が多かった今回の台風。
天候が安定して
全国的に復旧作業が進みますように。
そして復旧作業に関わっている方々が
怪我をされませんよう
心から祈っています。






E7B4C18B-4D79-42B6-B3E1-4880876F5176

個人的な活動として
この5ヶ月間取り組んできた
荒浜のめぐみキッチン朗読会
「賢治と焚き火と丸い田んぼ」
昨日、無事終了しました!


398BCEF8-70C3-415E-A865-95471B6DF3A3

4時会場に向け
会場設営をするスタッフ達。
前日は雨風が酷く、
大型ビニールハウスでの開催に切り替えることを
検討するほどでした。



031F2EE8-77B7-4CAF-AAF1-3B3CBD7FF46C

前日、激しい雨風の中、
深夜11時半まで続けられたゲネプロの様子。


A1E78DB8-FC87-466F-A974-1BE6D31820F2

最初の演目は
私の篠笛演奏でした。
篠笛演奏は朗読会の約2時間の中で2回。
1回目はほんのり暮れかかる16時45分から
会場に集まってきたお客さんを迎えつつ
20分間、8曲のソロ演奏をしました。
真上の空に
三日月が小さく灯っているステキな写真を
スタッフが撮ってくれました。


E662B4FE-6B87-466B-9B33-0525ABE1171B

篠笛には風が大敵なのですが
昨日は台風の影響で風が非常に強く難儀しました。
ここ1週間、ほぼ毎日
現地の田んぼに通って自主練し、
風が吹く場での屋外演奏には慣れたつもりでしたが
昨日の風は半端なかった・・・!(涙)
マイクもゴーゴーという
風の音を拾ってしまうし
音響さんは大変苦労していました・・・。


C74523E5-3F8D-4699-866F-5489F0A44D92

なんとか2回目の演奏3曲と
井上のお話しタイムが終了し、
次は宮沢賢治の朗読劇「双子の星」。


私は双子の笛吹き童子・ポウセ童子の役。
笛を八本調子に持ち替えて、
劇中でも2曲演奏しました。


この頃には
空が夕暮れから夜へ・・・。


C18A01E1-985C-414B-BC40-7F769EF6F200

設営された7つの焚き火席には
7合炊き土鍋にたっぷり詰められた
フランス風煮込み料理「エチュベ」が置かれ
朗読劇を鑑賞してもらっている間、
観客席の目の前にある焚き火で
じっくりと調理されます。

昨日は放射冷却で
夜になると冷え始めたので
煮込み料理は大好評!
私もリハーサルで何回か試食しましたが
コンソメなどのダシは一切使っていないのに
荒浜の野菜から美味しい出汁が出てとても美味。
一度食べてしばらくすると
「ああ、もう一度食べたい・・・」と思う料理です。
(ああ、思い出すともう一度食べたくなる・・・)笑


4E39216D-9628-487D-A972-0182C7775ED5

丸い田んぼを劇場に見立てた会場。
街中では味わえない空気感です。
朗読劇「セロ弾きのゴーシュ」や
朗読「耕母黄昏」などの演目が。



6BE8D59C-3635-4985-8E5F-29DCC2774A36

2つのメディア取材も入り、
多くの方々に関心を持って頂きました。
お客さんから「楽しかった」「美味しかった」など
さまざまな感想を頂いてメンバーも大満足。
私も強風のため
決して満足な演奏はできませんでしたが
終演後、「篠笛、素敵だった〜」と
わざわざ声をかけてに来てくださる方々がいらっしゃって
感激してしまいました。
私にとって物書きと篠笛は
同じ「表現」の手段ですが、
本業の漫画制作や文章の執筆作業と違って
その場で反応が返ってくる音楽って
いいものですね〜(しみじみ) 


朗読会メンバーは
演劇関係者が2名いるものの
ほかのメンバーは農家、建築士、団体職員、音楽家、
映像作家、漫画家(笑)というごちゃまぜ集団。
宮沢賢治時代の「農家」を「市民」に変換するなら
まさに宮沢賢治が提唱した「農民芸術」を
実験的に体現できたのではないかと思います。


そんな「荒浜のめぐみキッチン」の
「東北のめぐみ」を追求する様々な実験活動は
まだまだこれからも続きます。
そして私の沿岸部・荒浜の取材もこれからも続きます。
漫画家・井上としては
めぐみキッチンの活動とどう関わっていくか、
まだわかりませんが
私個人としては
あの不思議な存在感と魅力がある、
丸い田んぼとの関わりは持ち続けていたいな。
・・・と思っています。


あ〜〜〜〜
終わった〜〜〜〜。
お役目を果たせてホッとしました〜。
これで深夜までの練習や準備の日々から
解放される〜(笑)
年齢を重ねるとなかなか無理がききませんね。


しばらくは疲労を回復に努めます(笑)






54834919-F177-4B2C-B181-4CB591ABF8BF

仙台には、
羽生結弦くん&荒川静香さんと
記念撮影ができるスポットがあります。
それは「地下鉄国際センター駅」の玄関口。

今日は教習の待ち時間が2時間あり、
帰宅するのも微妙な時間なので
ここの2階にある
「青葉の風テラス」でお茶をしました。


D3AC762E-9657-4D03-9A88-F90CFD7FDB9A

地下鉄駅の2階に上がると・・・・


C304C65C-BB8F-4CA1-B16F-831B49834B92

こんな広ーい空間があります。
ここは市民交流施設&多目的スペースとして
休憩できる場所。
休日には様々なワークショップが開催されています。


00FAEF4E-8F7E-49A0-B5F1-235DAF4C4F1E

今日はお天気が良かったので
窓が解放されて文字通りオープンテラスになっていました。
この季節はテラスから見渡せる仙台市内と
緑の調和がなんとも美しいです。



EABE5132-24A6-4456-8E54-D2B46FB6C667

カフェもあるので
お茶を飲みながらのんびりと休憩することもできます。


9168DD7A-B26B-44F5-AA40-D69E1343116D

久しぶりの一人お茶時間。
ずんだパフェのコーヒーセットをお願いしてみました。
「ずんだ」とブラウニー、抹茶アイス、お餅、
そしてイチジクが添えられて美味でした。

あまり大きな声では言えないのだけど・・・
実は私は「ずんだ」が得意じゃないのですが
(でもお店によって若干味が違うので、
一応食べてみるようにしています)
ここのずんだは大丈夫でした!



66E311F2-9C89-4498-97A7-7DBB18EA22D7


屋根付きのテラスで
そよ風に吹かれながらの読書タイム。
気持ちよかった〜。
「杜の都」の名のとおり
この季節の仙台は街中どこも緑色に染まり美しいです。


私が移住した20年前は
真夏でも涼しかったのですが、
年々暑さが増してきたような・・・・。
(今日も29度くらいありました)
それでも日陰は涼しくて気持ち良いのが
仙台の気候の特徴です。


CB181294-A494-440E-81EB-382D8A8A3918

「青葉の風テラス」がある
「地下鉄国際センター駅」は
仙台駅から地下鉄で5〜6分。

学会やイベントで使用される「国際センター」や
東北大学川内キャンパス、
青葉城址入り口、
博物館などに行かれる方は
ぜひここで休憩してみてくださいね。


そしてぜひ羽生くん&荒川静香さんと
記念写真を!
同じポーズで記念撮影している勇者もいて
皆さん、楽しそうです。 


A0B0A27C-63DC-495E-AA75-8F9B389C1169

<おまけ>
観光客の皆さんに混じって
私も荒川さんと記念撮影を。
本当は同じポーズで撮りたかったのですが
身体機能的にムリでした・・・(笑)

いつか人気がない時間帯を狙って
羽生くんポーズ撮影を再チャレンジしてみます(笑
 

 






 

781CE3D8-3671-4A45-816B-E79A59FF1C3E

「荒浜は津波で流された町だけど
悲しいだけの場所じゃない。
荒浜の美しいところ、良いところを
自分の写真で伝えたい」

・・・というのが口癖の
荒浜の住人だった81歳の写真家、
佐藤豊さんの写真展に行ってきました。
今日は最終日で
すでに撤去作業が始まっていたのですが
ギリギリ間に合いました〜。

91C3401D-1A3B-4E17-A15B-CD1CF8E73E19

豊さんの写真はどれも
私たちが肉眼で見る沿岸部の光景とは
すこし違って見えます。
私たちが見逃している瞬間を
切り取って見せてくれているような。
いつも笑顔で人を迎えてくれる豊さんの
懐の大きさ、優しさがなくしては
こんな写真は撮れないだろうな・・・と感じる作品です。

EAD8D972-DDC7-4E54-A92B-3892E3133BDD


写真展が開催されたのは
仙台市地下鉄の「荒井駅」に直結している
「せんだいメモリアル交流館」。
 

9EE7D584-7A0E-4F04-B02D-48CFB30D0AAE

「せんだいメモリアル交流館」は
東日本大震災に関連する様々な展示やイベントを
通年で催している施設です。
震災遺構となった「荒浜小学校」は
この地下鉄荒井駅からバスで約30分。
そして荒井駅→仙台駅は約15分。
荒浜小学校や仙台市沿岸部へ向かう途中、
地下鉄荒井駅を経由する方は
ぜひ「メモリアル交流館」に立ち寄ってみてくださいね。

F9536669-DD0A-4C9C-AAF0-941E709B869A

荒井駅周辺は震災後の区画整備工事が終了し
まだ空き地が多く、ガランとしていますが、
最近になって新しいカフェやお店が増えてきました。

写真は6月にオープンした「イグーネ荒井」。
コワーキングスペースや建築事務所、 
仙台のカフェ好き人の中で人気が高い
「フラットホワイトコーヒーファクトリー」がある
複合施設です。
人が集える施設がここに増えてくれるのは嬉しい!

気になっていたので、
雨の中、すこし覗きに行ってみました。
ここのフラットホワイトは中階段がある
メゾネットの2階建てでゆったりとした雰囲気でした。

75E8FF01-878D-4E7E-B999-F28C9CAB854D

なんとワンコ同伴OKのテラス席も!
(ワンコのピクトグラム、見えますか?)
晴れた日は気持ち良さそう〜。
ワンコ連れで仙台に遊びに来る友人と
いつかここでゆっくりとお茶してみたいです。

 少しずつ変わっていく沿岸地域。
何も知らずに来ると
震災で被災した場所なんて思えないかもしれません。


「何もなくなった町だけど
悲しいだけの場所じゃない」


これからここがどんな街に育っていくのか、
仙台市民の一人として
見守っていきたいと思っています。


 



FF761871-F70B-4094-8AE2-66579182FCEA

さて、昨日の続きです。

仙台沿岸部にある、丸い田んぼ。
ここでこの秋、
開催されるのは何か?というと・・・・


 
なんと朗読会なのです!
その名も「賢治と焚き火と丸い田んぼ」。
丸い田んぼ自体も珍しいけれど
田んぼで朗読会って、そうそうないかも???
 

0B097013-AC97-438C-916F-EF31312DD45C

↑ 
写真は昨年開催された、第1回朗読会の1コマ。
荒浜の丸い田んぼをステージに見立て、
焚き火を囲んで宮沢賢治作品を聴きながら、
荒浜のめぐみを食べる・・という内容。
昨年は参加者がその場で炊いた
荒浜のお米をニギニギして五平餅を作り、
自分で焼き、
胡桃入りの甘味噌を塗って食べたそうです。
美味しそう・・・!


 

↑ 
昨年の動画です。
日暮れ前に、まるで演出のような絶好のタイミングで
飛び立っていく鳥たちの姿が素敵・・・!


夕方から夜に変わっていくボーダーレスな時間を
焚き火に当たりながら
そして温かい食べ物を頬張りながら
物語に身をまかせるって
想像しただけでも心が穏やかになっていく気がします。


8C5C029C-DA35-4817-AF61-F9D988A3034A

そして今秋の第2回「賢治と焚き火と丸い田んぼ」は
お声がけ頂いて
私もお手伝いさせて頂くことになりました。
何のお手伝いをするの?というと
それは今のところ、ヒミツです(笑)
(即興で田んぼで漫画を描くとかではありません)笑


でもちょっとだけヒントをお渡しすると、
地域の「めぐみ」っていうと
「食」を思い浮かべる人が多いかと思いますが
私はそれ以外にも
私達が受け取っている「めぐみ」って
少なくないと感じているのです。
そういうことをじんわりと感じとってもらえる時間を
生み出せたらいいな・・・と思っています。


・・・なんて、ヒントになりました?
ともあれ、そんな時間になるよう
これから秋まで頑張ります!
(今から少々ドキドキしていますが)
 

今年は10月初旬の開催に向けて
荒浜のめぐみキッチン」メンバー他、
様々な立場の人が集まって
現在、ミーティングを重ねているところ。
今年の朗読会は昨年とちょっと違うものになりそうで
関わらせてもらう私も、
ドキドキしつつ楽しみにしています。
 

4701571E-E1C4-4B09-8ABD-3338ACE916D9

↑ 
昨年の朗読会のチラシ。
これまた素敵。
今年のチラシはどんな デザインになるのかな〜?


詳細が決まりましたら
改めてお知らせさせてもらいますね。




 
 

26F4B02D-EF58-4E27-AD4D-7766677F6F60

仙台の沿岸地域「荒浜」には
<丸い田んぼ>があります。
「荒浜のめぐみキッチン」という団体の
活動拠点である農地の一角に佇む、
四季や時間帯によって色んな表情を見せてくれる田んぼです。


丸い田んぼは日本各地にあり、
本来は神様にお供えするための
餅米を作る水田であることが多かったそうです。
荒浜の丸い田んぼは
地域の「めぐみ」を育み、収穫し、頂くためのもの。
被災して、何もなくなった荒浜だけど
それでも人々にめぐみを与えてくれる。
自然の偉大さ、
そしてその自然の力を信じ
どんな時も自然から何かを生み出そうとする、
私たち人間の根本的な力強さを
荒浜を訪れる度に感じます。

BF2DD3A3-C1DE-4674-9918-CC38BD133676

今年の春から
荒浜地域の取材を始めた私は、
「荒浜のことを知りたい」と
「荒浜のめぐみキッチン」が主催している、
丸い田んぼでの朝活に
時々参加させてもらうようになりました。

02F08776-E916-405D-AF97-75D6B2A32AC4

「荒浜のめぐみキッチン」の朝活は
毎週土曜日が活動日。
そして集合時間は早朝5時半!(笑)
私の自宅からだと、バイクで40分くらいかかるので
身支度の時間をいれると
朝活の日は朝3:30起きです。
朝・・というか、夜中というか(笑)

26CB3A2B-C625-4C29-8654-D4B77B1DDF0F

上の写真は
藍染の「藍」の苗を植え替えているところ。
「収穫した藍で藍染のワークショップが
できたらいいね〜」と夢を膨らませている藍染班。
子ども達には良い体験になるでしょうね〜。
先週は子ども達が参加した丸い田んぼの稲植えでした。
(私は田植えの日は出張で不在でした。残念!)


 30298CED-6CCB-4DED-B14F-453EE81EB7E7

農作業をしている間に
料理班長「めんちゃん」が
土鍋で朝ごはんを作ってくれます。

91017081-9C0A-449D-9B33-BD18D0B00FA1

藍の植え替えをした日の朝ごはんは
オリジナルスパイスを調合した、ベジタリアンカレー。
もちろん食材は荒浜で採れた野菜です。
甘みと酸味が絶妙なバランスで混じり合っていて
美味でした〜。


農作業の後、
みんなでわいわいと語り合いながら
畑で頂く朝ごはんは格別!
荒浜の広々とした空の下で
荒浜で採れた「めぐみ」を 頂く。
人と自然って循環しているんだな〜と感じる一時です。
 

当初は取材の参考材料に・・・と
参加し始めた「荒浜めぐみキッチン」の朝活ですが、
何度か参加しているうちに
純粋に「田んぼに行きたい!」
「畑で朝ごはん、食べたい!」と思うようになってきて
今では個人的な興味関心で参加させてもらっています。

 
・・・そんな風に
ちょこちょこと遊びに行かせてもらっているうちに
ハッ!と気がつくと
今秋、丸い田んぼで開催される、
あるイベントのメンバーになっていたのですが・・・


長くなるので、
そのお話は明日のブログで。。。。

CFD74A01-B628-4FC4-B7BC-7C4694CE5C69

「荒浜のめぐみキッチン」のHPはこちら↑
(今回の写真はすべて「荒浜めぐみキッチン」HPからお借りしました)




↑このページのトップヘ