きみどり文庫

漫画家・井上きみどりの文章&漫画&写真

カテゴリ: 日常のあれこれ。

446FF43F-4DB4-412D-A7E8-3BA2F0FE883F

10月5日の宮沢賢治朗読会が近づき、
先週からほぼ毎日
現地練習が続いています。


津波で塩害を受けながらも
再生した仙台市沿岸地域の農地。
その「荒浜」の農地に作られた
「丸い田んぼ」をステージにして
宮沢賢治が唱える
「農民芸術」を実現してみようということで
昨年から始まったのが、この朗読会。


私は沿岸地域の取材をしているうちに
朗読会を主催する
「荒浜のめぐみキッチン」メンバーと知り合い、
彼らの活動に何度か個人的に
参加させてもらいました。
その縁で今回の朗読会に出演することに。
朗読会ではソロで篠笛演奏をするほか、
宮沢賢治の朗読劇ではセリフも読みます。
篠笛演奏は独奏だし、
雰囲気を作る役目もあるので
今から既にドキドキです(笑)


E39D6670-ABD8-4D9C-A56D-15FEE1E94DB8

昨日は私の篠笛の先生の演奏会に行ってきました。
やはりプロは技量が違う〜。
もう「まいりました」としか言えませんが
勉強になることが多く、
少しでも技を盗もう!と
前のめりで聴いていました(笑)




練習は夜10時くらいまで続くこともあります。
毎夕の自主練では
田んぼの中で一人で笛を吹いていて
収穫期の農家さんから「なんだべ?」という顔で
チラ見されては恐縮しているのですが
(でも放っておいてくれます)笑
仲間と一緒だと安心感がありますね。


(上の動画には
朗読会でお出しする焚き火料理の一品の映像と
私が吹き試ししている笛の音が
ちょこっと入っています)


「どうして漫画家なのに笛?」と思われるでしょうが、
昔、とある音楽フェスで
篠笛の路上ライブをしていた女性がいて
すごくカッコよくて。
「いつか時間ができたら私もやってみたい!」と
憧れていた楽器だったのです。
昨年、両親の介護を経験して
「『いつか』なんて言ってる場合じゃない」
「やりたいことは今すぐにやろう!」と、
両親の元から自宅に戻った数日後、
すぐにやり始めたのが篠笛でした。


それからは家族も周りの友人も
呆れるほど吹き散らかしていまして
プライベートのことなので
あまり公表していなかったのですが
仙台の雀踊りのお囃子や
小規模なカフェライブなどで
既にこっそり何回か演奏させてもらっています。


A9E63B69-2EA6-4C2C-B179-C32AB02F68BA


バイクも「いつかやりたい」と思っていたことの一つ。
今夏、教習所通いして免許を取りました。
(体力を考慮して小さめのバイクを選びました)
このバイクで荒浜ー自宅を往復する毎日。
この季節は田んぼが美しくて
風が気持ちいい・・・!
バイクだからこそ味わえる感覚です。


54380021-64A1-482F-A71B-D80B0225544D

自主練を終えて帰路につき、
自宅のある仙台市内を望む風景。
(停車して撮影しています)
一日一日、日が短くなっていく変化を感じるのも
また贅沢な経験です。


10月5日(土)17時〜開催の朗読会
「賢治と焚き火と丸い田んぼ」のお申し込みは
10月3日まで。
ご興味がおありの方はぜひどうぞ。

私の篠笛演奏は会場後の16時45分くらいから
6曲くらいと、
17時の開演後(お話&演奏1曲)です。
ゆったりお聴きになりたい方は
少し早めに入場してくださいね。
(各席に焚き火がありますので
寒くはないと思いますが
薄めの座布団をお持ちいただけると
快適かとおもいます。)

2551D5FD-6522-4C23-A0C5-A5040D06D660



黄金の稲が実る田んぼで
ちょっと変わった焚き火料理を味わいながら
夕暮れから夜へ変わっていく時間を
ゆったりと過ごしてもらえたら嬉しいです。


さ、
今日も田んぼで練習、頑張ります。







7EF87E76-F3B0-4E44-8695-20C3A4DC2F04

金沢というと
兼六園、金沢21世紀美術館など
人気観光スポットがいろいろありますが
取材でどこかに行っても、
観光する気持ちの余裕がなく
結局とんぼ返りしてしまうことが多い私。 


しかし!
せっかくの初・金沢。
せめて観光っぽい記念写真だけでも撮ろう!と
帰りの新幹線に乗る前に
金沢駅でパチリしてみました。


加賀百万石を文字ったと思われる、
ゆるキャラ「ひゃくまんさん」
あとで撮った写真を見て初めて発見したのですが、
正面から撮ると、ホラ!
足が生えたように写るんですね〜。
(ショーウィンドウに映った私の足が見えますか?)
知ってたら「走るポーズ」とか
「踊るポーズ」とかしたのに・・・残念!
金沢旅行をされる方は
ぜひご自分の足で面白写真を撮ってみてください(笑)


21B4C704-7506-4399-88DD-4435025EE5A7

もう一枚、
同行した編集さんが撮ってくれたのが
同じく駅前にある「もてなしドーム」の「鼓門」。
木製の柱は加賀宝生の鼓をイメージしたものだそうです。


この橋のたもとでは
同じポーズで記念撮影する人が
順番待ちしていました。
人間、考えることは同じなんですね〜(笑)


そして自宅で待つ家族のために
買ったお土産はこちら。

E9C9A76F-B66F-44C3-9A0B-5F9F6AD90BAC
「佃煮もなか」


BA501AAE-55E6-4AEC-9B8C-9FFBD23B0A64
くるみの形をしているモナカ。
可愛い〜。


04C44813-8F4A-4292-9407-CE2CB8D842A7
「甘くないモナカって珍しい!」と思ったのですが、
中に詰められている佃煮は
割としっかり甘く作ってありました。
どれもお茶に合うお味で美味しかったです。


FE9BFC7C-271F-4BC9-9B74-56A53B522A0E
こんなものを見つけたので
炭酸&カレー好きの夫に1本買ってきました(笑)
カレー粉を少し混ぜた甘いコーラ味だったそうで
エスニック風味が意外に美味しかった・・と言っていました。



金沢のお土産って
金箔が付いているキラキラなものが多くて
「へ〜」
「こんなものにも金箔が!」と
見ているだけで面白かったです。


もし次に訪問することがあったら
金沢21世紀美術館に行きたいなあ・・・。
(いつか全国の美術館巡りしたい・・・)

この野望、いつか実現するぞ〜と
心の中で密かに誓いつつ
金沢を後にした井上でした。





BE11A0B1-CD59-4821-B324-0FAA6AA4EBF1

この着物、全部100円〜500円でした。
しかもほとんどが 正絹の新品なんです。


これらは先日通りかかった和装店の店頭で
ワゴンに山積みされていたもの。
「100円」「300円」という値札がチラッと見えたので
思わず足を止め、二度見してしまいました(笑)


「ちょっと見せてもらっていいですか〜?」と
恐る恐る広げてみると
どこかのお宅のタンスに長年しまいこまれていたのか
所々に経年劣化の跡があったり
小さなシミがあったり。
確かに「着物」として着用することはできなさそうだけど
「布」としては 
素人目にも価値が高い!と感じました。
 

ちょうど
秋に開く小さな演奏会で
一緒に演奏する人を含めた
2人分の衣装を任されていた私。
「和の生地で篠笛袋を作りたい」
「着物をリメイクしてスカート作りたい」とも
思っていたところだったし。
なんという奇遇〜。
求めているものに出会うタイミングって
いつも絶妙で面白いものですね〜。



ACB5FB0D-334A-457D-8562-2D06AEEFB312

さっそく浴衣をほどきにかかりました。
着物リメイクの手順は・・・・


①着物をほどいてバラバラにする。
②洗う
③干す(半乾きにする)
④アイロンをかける
⑤裁断→縫う


・・・です。
着物リメイクは初めてなので
こちらの本を参考書にしました。


CC3A4865-4BBB-4053-9722-54ED4C31F513

表紙はマダムっぽいですが(笑)
リメイクリメイクしていなくて、どれも形が綺麗!
「着物リメイクしてみたいんだけど
エスニックっぽい型紙が多くて・・」という方にオススメです。



A8400022-50DF-46BD-8E4D-6F9FF02F6C49

リメイクの手順も、
すごーく細かく解説されていて
分かりやすい〜。
気になる方はAmazonをチェックしてみて下さいね。


さて、
参考書に従って
まずは縫い糸を解く作業にとりかかりましたが
ほどいてみて分かったのは 
この浴衣が、とても丁寧に手縫いされていたこと。
几帳面な人が縫ったんだろうなあ・・・。
誰か特定の人のために縫ったのかな?
それともお仕事として納品されたのかしら?
 だけど、この浴衣も新品で着られた形跡はなく・・・。


長い時間をかけて、この浴衣を縫製した縫い子さんが
その後、袖を通されることなく
タンスにしまわれたままで
300円で売られることになるなんて知ったら
どんな思いをされるんだろう・・・? 


ちょっとばかり複雑な気持ちになりつつ
「私なりにきちんと活用させてもらいますね」と
顔も知らない縫い子さんに
心の中で語りかけながら
丁寧に縫われた糸を
一つ一つほどいていきました。
 

2DBF4354-2B92-4427-9159-1EA5073A5F68

ぜーんぶ解くのに
2時間かかりました・・・!
まだリメイクしていないのに
すでにある種の達成感を味わいました(笑)



365024B4-0C6A-41EC-8075-1D3E24F9FE14

布になった浴衣。
一枚の浴衣から、こんなにいっぱい取れました〜。
布にしてみると、さらにキュート。


これがどんなものに生まれ変わるのか?
次のリメイク報告を
楽しみにしていて下さいね。







747A5AEC-591E-464C-972B-EEF8952529DF

この週末は七夕でしたね。
皆さん、どんな七夕を過ごされましたか?


でも仙台では7月7日は「七夕の日」じゃないんです。
仙台七夕は8月7日。
7月7日は街中どこを探しても笹飾りもなく、
「今夜は晴れるかな」という七夕トークも交わされず、
七夕イベントもなく、
「何でもない日」として過ぎていきます。

 
7月7日をスルーしてしまうのって
もしかして全国で仙台だけでしょうか・・・?(笑)
20年前、東京から移住した年の七夕は
ビックリしましたが
今ではこの独特な地域性が愛おしいです。
 

2073CBE0-F08D-4705-B10C-EB03A9F99E92

そんな7月7日は
篠笛教室のクラスメイトの
ジャズシンガーさんのライブへ。
雅楽とジャズを融合させた、創作音楽と一緒に
お抹茶&和菓子を味わわせてもらいました。


キャンドル作家さんともコラボしたライブで
真っ暗な会場に
ほんのりと灯るロウソクが素敵でした。


77EFA0D8-4720-48A2-B227-FE9B6C9F4F12

終演後に
篠笛教室のクラスメイト3人で記念写真を。
篠笛教室の生徒さんは個性的で素敵な方が多いです。 


F7F3B386-E411-490A-B5B2-10E14A61773D

そして前日の7月6日の夜は
篠笛教室の先生のカフェ・ライブへ。
石田先生オリジナルの篠笛曲から
唱歌、J-POPなど、様々な曲を聴かせてもらって
感動しっ放しでした。
私が9月に演奏する予定で練習中の曲もあり
そのレベルの違いに愕然(笑)
「笛を歌わせる」って、こういうことなんだな〜と
痛感した2時間でした。
(動画が投稿できず、残念・・・!)


音楽三昧だった今年の七夕。
そして来月は仙台七夕。
私は仙台生まれではないので、
どちらの七夕もお祭りします。


娘達が小さかった頃は
「今年の七夕の飾り付けとご飯、どうしよう〜?」と
毎年アタフタしていましたが
大人になった今は、そんな必要もなくなって
静かにゆったりと過ごせるようになりました。


一年に2度も七夕をお祭りできるのも
移住組の仙台市民ならではかも・・・・?


今年の仙台七夕はどんな吹き流しが飾られるのでしょう?
8月7日の七夕も今から楽しみです。


 



0B0301AE-8712-417F-BA44-4798CB88CD8D

今日、1年間の相棒だった50ccバイクとお別れしました。
2年前に車を手放してから
健康のため、基本的には
自転車とバス、地下鉄を利用していましたが
沿岸部へ行くには
やはり車かバイクじゃないと不便で
しばらくはこの50ccバイクで
頑張って通っていました。


でもやっぱり
時間がかかるし、右折はできないし。
限界を感じ、
うーーーんと考えた結果
普通自動二輪の免許を取り直すことに決めました。

E8DAD864-1692-47B6-B5F8-612C8B30B9FD

で、この歳にして
自動車学校のバイク教習に通い始めたのですが
実はバイク教習は生涯2度目。
(1度目は20歳頃でした)
クラッチだの、ギアチェンジだの
まったく忘れていてポカーンとしてしまいましたが(笑)
身体はほんの少し覚えていたようで
昨日まではノーミスで通過してきました。

・・・が、
今日は雨降りだったせいか
第1段階の「みきわめ」だったから緊張したせいか
一本橋で落ちるわ、
いつもはスイスイ走行できていたS字やクランクで
ミスっちゃうわ。
2度も転倒してしまい
三角コーンを1個ペシャンコにしてしまいました(涙)
(クランクっていうのは写真の
自動二輪教科書・左の絵みたいなものです)

今も転倒したときに作った膝の傷と
心の傷が痛い・・・(苦笑)
大人になってからコケると
身体と同じくらい心も痛みますよね・・・(笑)

それでも踏ん張って
ミスするたびに「もう1回やらせてください!」と頼み込み、
再チャレンジすること4〜5回。
最後はなんとかミスせずに走行できて
教官のハンコを頂きました〜。
これで第1段階終了!
第2段階に進める〜。

5BCB448B-1A4A-4AD2-9811-5173479901C1

私の新たな相棒となるバイクは
既に手配済みで
来月初旬には届く予定のため、
のんびり教習しているわけにはいきません。
それに何より、
バイクに乗れないと沿岸部へ取材に行けないし。


写真は荒浜取材の際に
知り合いが盗み撮りしてくれた
井上と相棒バイクの唯一のツーショット。
(「何撮ってんの〜!」と文句言ってる最中ですが)笑

大事に乗ってくれるオーナーさんの元に
もらわれていくといいなあ・・・・。





 


17B1E5BB-11A4-4760-B0BB-9DE616A4FBD2

昨年の秋からもはや「趣味」とは言えないくらい
どっぷりと篠笛にハマっている井上ですが
篠笛奏者・佐藤和哉さんのワークショップを受講しました。


佐藤和哉さんはテレビや映画音楽で篠笛を演奏したり
ミュージシャンとコラボしたり
コンサートツアーで全国を回られたりと
現在活躍中の篠笛奏者さんです。
私がお世話になっている篠笛教室でも大人気で
ファンクラブに入っている女性が何人もいるほど(!)
柔らかな音色で丁寧な演奏をされる方です。
(佐藤和也さんの公式HPはこちら


そんな佐藤和哉さんのワークショップをするよ〜と
篠笛教室の先生から連絡をもらったのは
なんとワークショップの2日前!
すでに別の予定が入っていましたが
「こんな貴重な機会は滅多に訪れないかも〜」と
約束していた人に事情を説明し
「それはぜひ勉強してらっしゃい!」と
快く送り出してもらったのでした。


E551702D-88EF-40F0-8164-1C1E355462FB

(↑受講生さんの許可を頂いていないのでボカしてあります)

急遽開催のワークショップに参加したのは6人。
こんな少人数でみっちり教えてもらえるなんて、
本当に贅沢でした。
中には隣県から駆けつけた方もいらっしゃいました。


今回教えてもらったのは
篠笛のための呼吸法と、
柔らかい音色の演奏法。

 
とても実践的な内容で、
1時間半のワークショップを終えて実際に吹いてみると
音色がまったく変わっていることにビックリ・・・。
それに今までより楽に音が出る・・・!
この1ヶ月近く、思うような音色が表現できなくて
壁にぶち当たり、足踏み状態だったのですが
打破できたような気分です。


でもしばらくしたらまた
新しい壁が出現するのでしょうが(笑)
芸事の習得って、そんなものですよね・・・、ハイ。


ED082ABF-123E-4CFA-8915-7B9A55C943B7

お世話になっている篠笛教室の石田先生(左)と
佐藤和哉さんは5年前からのお知り合いとのこと。
二人とも爽やか〜。


石田先生も一音一音を大切に演奏をされる篠笛奏者で
指導方法はお二人とも、とても細やかで真面目。
篠笛って、修行のような側面があるので
篠笛奏者さんは真面目な方が多いのかも・・・?


私は篠笛を始めてまだ8ヶ月ですが
「演奏する?」と誘われると
「やるやる〜」と
自分の実力を無視してホイホイ返事しているせいで
この夏から秋にかけて、
人前で演奏する機会が立て続いています。


さすがに若干「大丈夫かな・・・」と不安になっていたので
このタイミングに
ブラッシュアップできる機会を与えてもらえたのは
本当に有り難かったです。
う〜ん、やる気出て来た(笑)


上手に演奏する・・というより、
完璧じゃなくても
聴いてくれる人に喜んでもらえて
何よりも自分が本番で気持ちよく演奏できるよう、
毎日の練習に励みます♩






2FF2F5B4-12FC-46CD-99A2-3A63660D2900

「福島へ取材に行く」というと
最近もれなくついてくるのが、
自称・運転手であるオット。


「え?福島?送って行く!」と
車で1時間の仙台〜福島市を嬉々として運転し
取材先まで送ってくれたかと思うと
取材中、そんなオットから
もれなくラーメン写真が届くのです。
しかも1回ではなく必ず2回以上・・・。
(つまりハシゴしてるんですね・・・)

44CF1AFA-81CD-450D-8E26-CAE42BEBFE7E

これは昨日の取材中にピコンっと
送られてきたラーメン写真。
「ゴワゴワ」と呼ばれる硬めの麺が
入っているラーメンだそう。


7F512743-8F93-4AB2-BDE2-60DE095942CA

2時間後、
またピコンっとLINE通知があり
またまたラーメンの写真が送られてきました。
これ、うどんの様に見えますが
ラーメンなんです!
1枚目の写真も同じお店のラーメン。
私も1度
夫に連れられて食べに行きましたが
麺はもっちり、
お汁は甘辛&独特なお味で美味しかった〜。


このうどん状ラーメンは
福島駅近くの「くをん」というお店で食べられます。
私は<小>をお願いしましたが
それでも麺が多かったので
女性がうっかり<並>を頼むとキツイかも・・。
福島市を訪問される方は
一度ぜひトライしてみてくださいね。
意外なご当地グルメを味わえます。


福島には取材でよく行きますが
取材終了後、とんぼ返りすることが多く
実は福島の美味しい食べ物や観光地は
あまり知らない私。
妻が取材中、夫が私の分も
福島のご当地グルメを堪能しているようで
なんだか笑ってしまいます。
私も今年から少し時間ができたことだし、
福島の社会問題だけではなく、
福島の食や
魅力も開拓していけたらいいな。


しかし・・・
妻の仕事中、 
1日に2〜3店のラーメン屋さんをハシゴするなんて
年齢的にどうなんだろう・・?(汗)


本人もその点は気にしているのか
今日は朝から週末恒例のジムに駆け込んでいました。
健康に留意しつつ、
楽しいラーメンライフを
送ってもらいたいものです(笑)


 
 

↑このページのトップヘ