今日の仙台は
台風一過の晴天に恵まれた1日でした。
皆さんのお住まいの地域はいかがでしたか?
全国的に被害に遭われた方が多く、
まだ行方不明の方もいらっしゃいます。
片付けなどで大変な方もいらっしゃいますが、
どうぞお怪我がありませんよう、
引き続きお気をつけてお過ごし下さいね・・。
被害に遭われた皆様に
心よりお見舞い申しあげます。


さて・・・
1日お休みした
「下書き劇場」vol.3を公開します。
vol.3は急遽内容を変更し
少しばかり震災後の生活を思い出して
描いてみました。


台風でお疲れの方が多いかと思いますが
気持ちが向かれたらチラ見して下さいね。


     「下書き劇場」vol.3 

3-1
大きな災害が起こるたびに
東北では
ふと被災生活を思い出す人が多い。


3-2
井上の家では
水には困らず、
給水所へ通わなくても
何とかなったが


3-3
自宅は4日半の間
停電し


3-4
ガスが復旧するまで
1ヶ月と1週間かかったので
湯の調達には
ちょっと苦労した。


3-5
1ヶ月ちょっとの間、
入浴できなかったので
毎日ちまちまと沸かした湯を
バケツの中に入れ、
水を加えて体を洗い


3-6
年頃の娘達の髪を
3日に1度
洗ってやっていたあの頃。


3-7
そんな不便な日々の中、
思い出すのは
関西の山のふもとで曾祖母と暮した、
自分の幼児期の生活だった。


3-8
トイレの手洗いの水も
汲み置きの水を使っていたし


3-9
無いものは・・・


3-10
山で調達していた。


3-11
・・・という幼児体験を
娘達にゆったりと語って聞かせた
時間が持てたのも
被災生活の思い出の一つになっている。



しかし
母きみどりの思い出話を聞いた
娘達の反応は・・・


3-12
この、かな〜りレトロな幼児期の生活が
原体験となって
現在の井上の防災意識に
影響を与えているのは間違いない・・・と思う。


    「下書き劇場」vol.3 おわり 




先日始めた「下書き劇場」。
当初は井上の日常や
取材裏話などを描くつもりでしたが
こうして思い出すまま震災のことを描いてみると
8年半経った今だからこそ
描けること、
描いておきたいことって
あるんだな・・・と感じました。


なので今後は
生活者としての
震災の覚え書きも
ゆるゆると描いていきたい・・・
と思います。



明日は
「かっさ伝来物語」の3回目。
3回目は、
主人公すみちゃん先生の