きみどり文庫

漫画家・井上きみどりの文章&漫画&写真

2019年10月

突然ですが
公式ブログをお引越ししました。
今後は新しいブログにて
WEB漫画&コラムを公開していきます。


読者登録をして下さっている方々、
お手数をおかけしてすみません!
新しいブログにアクセスして頂き、
「+読者になる」ボタンを
ポチっとしてもらえると嬉しいです


よろしくお願いします。


新しい公式ブログ↓
「きみどり文庫」
https://www.kimidori-inoue.com
Blogアイコンスマホ用


    「かっさ伝来物語」第4話 


「刮痧」を学びに中国へ行く!・・・と
夫に宣言した私。
4-1


当然、その頃の日本では
「刮痧」を教えている人はいなくて
4-2


中医学を学ぶため
中国留学していた
夫の知人に相談してみると・・・
4-3

4-4
・・・・と
一蹴されました。


4-5

4-6


その頃の私は
美容師と
鍼灸師の資格を取得したのち
4-7


大手化粧品会社の研究所での
美容ソフト開発の仕事を経て
4-8


独立して
東洋医学を取り入れた
サロンを経営していました。
4-9

4-10

4-11

4-12


    「かっさ伝来物語」第5話につづく 


言い出したら
何でもやってしまうすみちゃん先生
次回はいよいよ
独りで中国へ乗り込みます。
そんなすみちゃん先生に待っていた試練は・・?


来週月曜日の「かっさ伝来物語」を
お楽しみに。

    下書き劇場vol.5「子どもはお好き?」その② 

5-1
そんな子ども好き過ぎの
オットに対して
妻きみどりは?というと・・・

5-2


娘たちの小学卒業の時
同級生のお母さんたちが
こんなことを言って
嘆いた中で
5-3

5-4
一人だけ
その感覚が
まーったく理解できなかった・・・。

5-5


そんなきみどりは
このフレーズを
呪文のように唱えながら
育児をしてきた。
5-6


なので
2人の娘が
大人になった現在
自分の子どもとの関わりは
5-7


そんな風にあっさりしているせいか
娘たちが大人になると
小さい子どものことを
すっかり忘れてしまい
5-8

5-9

5-10
小さな生命体に
失礼なことばかり
言っていたり


5-11
無理難題を
吹っかけたりするので


5-12
娘1号から早々に
戦力外通知を受けた
母きみどりであった。


    下書き劇場vol.5 おわり 


以上、
「ペン入れしたり仕上げ作業するまでもなく
下書きで十分!」な
軽い内容の漫画でした(笑)


次のWEB漫画は月曜公開の「かっさ伝来物語」
「かっさ」習得したさに
中国へ一人で乗り込んでいく、
すみちゃん先生の清々しささえ感じる
猪突猛進ぶりをご覧ください。

    下書き劇場vol.4「子どもはお好き?」その① 


井上のオットは
見ためはアレだが
4-1

大の
子ども好きである。
4-2

自宅マンションに
住んでいる子どもは
ほぼ全員の名前を知っているし
4-3

マンション内の
赤ちゃん情報を取得するのは
光回線並みに速い。
4-4

たまに
こういうことがあると
4-5

現実を忘れるし
4-6

マチナカで
子どもを抱いた知人に
バッタリ遭遇すると
4-7

4-8
駄々をこねるし


この前は
孫連れで食事をしている
おじいちゃん、おばあちゃんを見て
4-9

4-10
・・・・と言っていた。


そんな子どもが好き過ぎる
オットだが
4-11
子どもには泣かれ

4-12
娘には
ウザがられ

4-13
大好きな犬にも

4-14
吠えられまくるオット。

4-15
こんなにうかばれないのに
愛をあきらめない、
懲りないヒト
・・・・いや、

不屈の精神のヒトなのである。



    下書き劇場vol.4 おわり 


えーっと・・・
時々「お漬け物食べたい」と思うこと、
ありませんか?
今日はなんとなく、そんな感じで
サラッとした内容を描きたくて
なんとなくオットのことを描きました(笑)


育児漫画や
オット漫画を連載していた時は
「うちのオット、なんかママっぽいなあ」
思っていたのですが
年齢とともに
オバちゃんっぽくなってきた気がするんですよね・・・。
お宅の夫様はいかがですか?


次回下書き劇場は
またまたサラッと
「じゃあ、その妻きみどりは
子ども好きなの?」について。


金曜日更新をお待ち下さいね。





4FC0E6E4-B2ED-4061-B125-0B4032AED782

10日前まで
イベントの演奏と準備のため
ほぼ毎日通って篠笛を吹いていた、
仙台市沿岸地域の農地にある「丸い田んぼ」
昨夜、運営している「荒浜のめぐみキッチン」サイトに
こんなメッセージが流れました。


「丸い田んぼの稲が
台風で水に浸かってしまったため、
11月に予定していた稲刈りイベントを中止し、
急遽、明日5時半から稲刈りをします」
「来られる方は来てください」


これは大変・・・!
ということで
早朝、バイクで荒浜へ向かいました。
向こう〜にあるのは海。
防潮堤で海は見えなくなりましたが
かつてはビッシリと生えていた防風林の松の木が
ヒョロヒョロと残っているのが見えますか?


AC24C779-AA4E-4DE3-A833-CEF4B619A6D7

到着してみると
メンバーは既に稲刈りの作業中。
せっかく実ってた稲が
4割くらい倒れて水に浸かってしまっていました。
(それでもどんな時も笑顔で農作業する
共同代表のO氏)


295C769C-97C7-474D-AAEB-0B031D42B4BE

うわ。
先週までたわわに実っていた
餅米が・・・
これは悲しい・・・(涙)


B93AEE47-FFE7-4565-BB5B-C8710DBF1CE4

男性5人と井上、
後で参加した子ども達3人で
鍬を片手に刈って刈って
束ねて、干して・・・・・・


7BB62F6F-CAA2-4E6D-8F9E-FBDB88F42CD8

水没して籾から白い根が出ているもの以外は
なんとかすべて狩ることができました。
今後は天日干しして
脱穀、精米、
そして今年も子ども達と一緒に
この米で餅つきをする予定だそうです。


B390E1AD-24B6-449B-ABDE-F9DABEB3DFA2

刈り上がった丸い田んぼ。
稲がないとちょっと小さく見えるなあ・・・。


「稲刈りの季節に水田になってるなんて
かなりレアな光景だよ」と
農作業中、荒浜の農家さんが呟いていました。
確かに・・・・・。
ジャブジャブと水音を立てながら
鍬を持って稲を刈っていると
季節がいつなのかわからなくなるような
不思議な感覚でした。


F09DE6F0-33A3-4105-8AD7-2F2E05645356

小さな子どもが
稲がなくなった丸い田んぼに向かって
まるで話しかけるように
座り込んでいました。
何を話しかけているのかな?


CCDA03CF-EC7A-4132-AD49-31CB499E3990

稲刈りは朝8時過ぎに終了し、
メンバーはそれぞれの仕事に向かいました。
朝5時半に田んぼに集合して
ひと仕事終えた後、
田んぼで温かい朝ごはんをみんなで食べて
それから各自の本業の地へ散っていくのが
「荒浜のめぐみキッチン」の朝活スタイル。
まるで1日が2回あるような、
ちょっと得した感覚です。


A611A12B-FC98-4EA3-AB8E-2C66B32F73DD

仙台市内↔︎荒浜間の農道には
台風で飛んできた籾殻、砂利、砂、木などが
こんな風にところどころで散乱しています。
水没してしまった畑もあり、
被害は深刻です。


全国でも被害が多かった今回の台風。
天候が安定して
全国的に復旧作業が進みますように。
そして復旧作業に関わっている方々が
怪我をされませんよう
心から祈っています。






日本でお馴染みの「かっさ」
その「かっさ」を日本に伝来し、
「かっさ」と名付けた女性
すみちゃん先生の物語です。



今回はすみちゃん先生と
「かっさ」の出会いについて
描いてみました。



    「かっさ伝来物語」3話目 


私の「かっさ」との出会いは
2004年の夏のことでした。
3-1


出張先の北京で立ち寄った
東洋医学の専門書を扱う書店で
に入った、一冊の本。
3-2

3-3
※「かっさ」はプレートではなく、療法の名称

3-4

3-5
・・・と購入して
日本へ持ち帰ったものの


その本は
それからしばらく
自宅の本棚にしまったままでした。
3-6


その頃、日本では
「デトックス」という言葉が
流行し始めていて
3-7

3-8

3-9


そして
改めてその本を
読み込んでみましたが
3-10

3-11

3-12
こうして私の
「かっさ」にのめり込む人生が
始まったのでした。



    「かっさ伝来物語」3話目・おわり 


ほぼ直感のみで
中国へ行くことにした、すみちゃん先生。
熟考タイム5分って・・・・・・


そんな、何事も
思い立ったら即行動!のすみちゃん先生は
無事、中国へ旅立てるのでしょうか???


次回4話目をお楽しみに。


そしてナマのすみちゃん先生に会えるイベント、
ついに残り1席のみとなりました!
(あ。一応イベントの主役は井上と
ファイナンシャルプランナーの安田まゆみ先生です)笑


早い者勝ちですので、
どうぞお早めにお申込み下さいね。
すみちゃん先生作・薬膳ベースの低糖質ランチ付きです。

気流トークイベントバナー


そして原宿のギャラリートークも
残席数席となったそうです。。。

こちらもすぐにお申込み頂いた方が良いかも・・。
もれなく新著「半ダース介護」1冊プレゼント付きです!

BA4E2F4C-9366-4114-8A13-2C9CCEC3B9B5



さて・・・。


BlogでWeb漫画を始めてから1週間。
「1週間は毎日公開します」と宣言した通り、
(台風の日は除き)毎日の公開したことで
何となく私自身も
Web漫画制作に慣れてきました。


今後、BlogでのWeb漫画連載は
毎週月曜日:「かっさ伝来物語」
毎週水曜&金曜:「下書き劇場」

・・・・と、週3回公開します。


このペースに慣れたら
現在、取材を進めている
震災後の東北の海辺の物語や、
ふくしまノートも始めたいと思っています。


色々とチャレンジしている秋ですが、
どうぞ応援してやって下さいね。


よろしくお願いします。







↑このページのトップヘ