50B011AA-0270-4368-ABBB-6C27DEA5C358

地下鉄の駅で、
しかもその屋上で催される夜の縁日って
全国にどれくらいあるんだろう?
・・・なんてことを考えながら
昨夕は仙台・東西線地下鉄の終点、
「荒井駅」にて開催された縁日にお邪魔しました。
 

荒井駅は震災後できた地下鉄の駅で
私が取材で通っている沿岸部「荒浜」の玄関口。
駅構内には
震災に関する展示やイベントをする
「せんだい3.11メモリアル交流館」
略して「メモ館」という施設があります。
昨夕の縁日はメモ館による催しでした。


BFE49025-0A7D-4402-9FDF-1EF780A0E7EA
たくさんの地元の方々で賑わっていました!
私は知り合いの荒浜の農家さんが出店している屋台で
焼きとうもろこしなどを購入。
昨年の縁日では売り切れたと聞いていたので
この日のために
数日前から農家さんに予約していました(笑)


024F8063-2A8A-4AFC-AF10-DE8711D7E04C
荒浜で活動する友人と合流して
縁日モノで乾杯!


枝豆と
メモ館オリジナルの「メモリアル・ソーダ」と
皮ごと焼いたとうもろこし。
焼きとうもろこしは、よくある醤油タレのものより
甘くてジューシーで美味しかったです〜。
自然の甘味っていいですね。


2FF7409A-01AD-45FD-BEC7-0A9405A5078D

クラッシックギターとキーボードの緩やかな演奏あり、
子どもの竹細工ワークショップあり、
地元の農産物屋台ありの
ほのぼのとした縁日でした。
ここの屋上庭園なら
子ども達がどんなに駆け回っても大丈夫だし
大人も夜の風に吹かれながら
バッタリ会った知人との会話を楽しみながら
ゆったりと過ごすことができました。

 

D99008A6-1031-44AF-979E-6EED46A8CB2B

「ゆったり」といえば
仙台の地下鉄駅は割とゆったりしていて
どの駅もまだまだ活用できそうなスペースがあります。
それが未活用のままになっていることが多く
常々もったいない気がしているのです。


音楽とか、市民イベントとか
もっと自由に使えるようになって
例えばパリの地下鉄みたいに
地下鉄の駅で楽器を演奏する人が普通にいる駅になると
面白いだろうな〜。
(私も演奏したい!)笑


まずはこの荒井駅から
そんなムーブメントが起こるといいな。
荒井駅はそんなことを期待できる、
可能性を秘めた地下鉄駅だと、私は感じています。



442E22B7-7AA7-4E12-A705-73380C500696

そして縁日では
来週末の荒浜・灯籠流しのための
灯篭づくりワークショップも開催。
子ども達が自由な発想で灯篭を彩色していました。


FE187E5F-3E94-4232-A64B-563D2A1EE9CF

荒浜の灯籠流しは8月17日。
貞山堀運河には、
この制作中の精霊舟も浮かべられるそうです。
この舟は浜辺で採取した萱を材料に
地元の80歳の男性が制作しているもの。
舟の上に提灯などを飾る予定だそうです。
それにしても海辺の住人は器用な人が多いです・・・。 
なんでもこうやってチャチャッと作る人が多いのは
なぜなのでしょう???


昨年から再開した荒浜灯籠流し。
今年は私もお邪魔して
手作りの精霊舟や灯篭を見送る予定です。